Brand history | Ebisuya

名 称   南部古代型染

歴 史   初代 蛭子屋三右衛門 寛永五年(一六二八年)

用 途   武家階級の使用が主であった。

 

一、祖先は、代々南部藩御用の染師であったので、当時使用した染型紙が大切に保存されてきた。

  又、技術も代々継承されてきた。  

 

二、その保存に恵まれたのは、東北の端の地という環境により、他からの影響も少なく、

  淘汰される事なく温存され、高められていった。

 

三、型作りから仕上げに至るまでの一切の工程を、一貫して手加工としている。

 

四、後継者に恵まれ、時代的にも伝統的な物の良さが認識されている。 

 

五、製品の完成度に留意すると共に、時代への適応も心掛け、顧客の希望も取り入れている

六、蒅藍・木灰を使用した、伝統的な発酵建てによる昔ながらの染法を現在も守り続けている。

  藍色の躍動が正藍染の素晴らしさであり、現代においても尚、魅力を放ち続けている。

  南部藍が生産されなくなった今日、阿波徳島産の藍を現在使用している。

  

文様と制作方法は、中国から伝播した文化である。その美術文化の源流である中国に一九六六年五月、

北京・上海・蘇州・杭州・広東へ技術指導の為訪れる機会を得、さらに日中文化交流の足跡をたどる事ができた。地元の文献によると、文様は既に一五00年前に交流があったとの記録が残っている。

そして今も原型を損なう事なく、生き続けている。

And there, Japan

室町時代に発生したと考えられる型染は、武将の旗指物や馬印、張幕などに紋章を染め出すことから始まったものです。各武将の領地には、それぞれ独自の紋様を持つ型染がありました。例えば、鍋島型・島津型・紀州型・将軍お召し型等がそれにあたります。

 こうした中で、武田家の一族である南部家の御用染師を務めていた「蛭子屋」は、南部発祥の地、甲斐国の巨摩郡南部郷(現山梨県南部町)以来、型染師としては最も古い歴史を持っています。この伝統の流れを汲む南部型が、「南部古代型」と名付けられて現在受け継がれています。現当主、小野信太郎が17代目にあたることから、かれこれ400年の歴史を刻んでおります。慶長四年(1599年)南部公が盛岡に居城を構えた事により、盛岡に居を移し、現在に至っております。

南部型は、紋様構成がダイナミックであり、繊細かつ優雅な流れによる表現が特徴です。南部藩士の豪快な気性と、美術を好む城主の風雅な気質が、受け継がれてきた多くの紋様に反映されています。

私共の仕事は、歴史的伝統に培われ、先達から伝承されてきたものです。それらを現代の日常生活の中にも適応させるべく精進していく事で、日本文化の灯火として後世に伝える事が出来るならば、これに勝る幸せはありません。

 

Contact.

  • Black Facebook Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon
小野染向鶴_3.jpg

蛭子屋 小野染彩所
ebisuya ONOSEN
----------------------------
住所:〒020-0063 岩手県盛岡市材木町10-16
address:10-16 Zaimokucho, Morioka,

Iwate 020-0063 Japan
----------------------------
電話番号:019-652-4116
tel:+81-19-654-4116

© 2023 by Urban Artist. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now